FTo備忘録

日頃のこんな私事があったを伝えたい。

山善 電気ケトルは評判通りで買ってよかった。

長年使ってきたサーモスタット式の象印電気ポッド。ヒーターとサーモスタット

だけなので全く壊れない。ただ,消費電力が430Wで満杯だと沸くまで15分。

更に継ぎ足して沸かそうとすると,サーモスタットが切れるまで通電しない。

壊れないので買い替えるのは忍びがたかったが,我慢の限界だった。買い替える

ことにした。

評判の電気ケトル。直ぐに沸くのはいいが消費電力は1250から1500W。タコ足

接続ではないが2個口のコンセントには電気製品が何か繋いでいる。コンセント

定格電力は15A,1500W。恐々使うのは御免だ。

時にはコーヒーを入れる。細口がいいなと思う。

デザインもそこそこ気にしたい。

などと電気ケトルを探していたら,山善電気ケトルが目に止まった。

 電気ケトルで保温が出来る。消費電力も1000Wでそこそこ沸くのも早そうだと

思った。

価格は電気ケトルとするとそこそこするが機能が充実していた。なにより温度計

が付いている事が一番。希望温度が得られるのは当然だが,使ってみて省エネに

なることに気がついた。沸かすのは100℃と思っていたが,80から90℃くらいで

十分だった。なので急いでいる時は温度を見ながら途中で使うことが出来る。

ガスなら沸騰するまで待っていた。

不満は操作ボタン等が付いた置台が少し大きい。これは仕方がないのだが,更に

コーヒーの注ぎ口用なので細口でいいのだが,普通のケトルのようにドバっと注

ぎたい時は薬缶が懐かしくなる。

要するにあまり不満がないが省エネとしては白のほうが良かったかな。放熱が更

に少ないだろう。でも見た目は黒か。

 

 

 

 

 

百均のコーヒーフィルター

コーヒーフィルターが切れたので百均に買いに行くと,いつも購入する

2-4杯用フィルターがなく,1-2杯用しかなかった。比べるものがないと

1-2杯用で充分な大きさに思えてしまう。

買って帰って使うとやはり小さかった。マグカップで使うのでカップ

2杯分の豆が必要だった。コーヒー豆2カップ分を使った所はこうなる

f:id:ftotel:20190504210559j:plain

コーヒーフィルター

しかし,物(?)は考えようで湯を注ぐには少しづつ注ぐことになるが

コーヒー抽出の道理にかなっている訳で丁度いいのだ。更にドリッパー

はメリタ。

 

メリタ アロマフィルター AF-M 2-4杯用

メリタ アロマフィルター AF-M 2-4杯用

 

 メリタはコーヒー抽出穴が横に空いている。コーヒー最後の残り滓が

自然と残る。

完璧だ。・・・

 

(でも次は2-4杯用フィルターだな)

 

 

 

 

その後のWindowsモバイル

家中で使っていたWi-Fiメール端末,F-01Fがバッテリー寿命で使いづらくなった。

で,Windowsモバイルに交代。メール以外で使えるものはOutlookの予定表。

Googleの予定表に同期できる。

セキュリティ面が心配なので,当面SIMカードを使って携帯電話とする気はない。

Bluetoothとジャックは使えるので無線イヤフォンを登録した。

早速,音楽をSDカードにコピーしたが,標準のGrooveミュージックでSDカードを

認識しない。

MicrosoftStoreアプリで使える唯一ともいえるSpotifyアプリを使ってもみたが認識

できない。

メールだけで使うかと思ったが,昔々,不調であればPCは初期化していた事を思

い出した。

あっさり電話リセットで初期化完了。

SDカードも合わせて初期化したので音楽データをコピーし直す。

ゴミデータも整理されたのか気持ちよく動く気がする。

早速,Grooveミュージックを立ち上げるとSDカードを認識。音楽端末にも使えて

WiFi端末として家中では使えそう。

 

 

一才桜が今年も咲いてくれた

世間の桜はもう満開なのに,我が家の一才桜がやっと開花。自由に

伸ばさせすぎて我が儘になったかな。

f:id:ftotel:20190407181000j:plain

一才桜

それと今年は咲くのが遅かったので頻繁に観察していたら気づいた。

一才桜の花の咲き方が面白い。

f:id:ftotel:20190407182602j:plain

枝に付いた蕾が,エイリアンの口のようにガバッと開いて花の蕾が

出てくる。そーなんだと感心。

 

2年使ったコーヒーメーカーの使い心地

 10年使った全自動コーヒーメーカーが潰れ(ゼンマイタイマーが動作不安定)

更にガラス製のコーヒーサーバーを割ってしまって買い替えが必須だった。

カッターを使わない臼式ミルが付いた全自動機に惹かれたがなにせ高い。

ミル動作時のサイレンのような巨大な音に辟易していこともあり,臼式であれ

カッター式であれミル部分を別に買えばよいと気づいた。

水タンクは絶対外れる方が掃除しやすく,水分量も図りやすい。

で,選んだのが,価格も安くてコンパクトに見えたこれにしたのが2年前

 良かったこと

・やはり日本製,主要な補修部品(ガラスサーバー,水タンクなど)が販売され

ていること。(ロングセラーなのか長く販売されているようだ)

・掃除しやすい。さすがに湯を上げるチューブは洗えないが,主要な水タンクや

フィルターカップを外して洗える。チューブはクエン酸を使う手もあるが,浄水

器を使かっているのでカルキ付着はないだろう。

・我慢できる静かさ。全自動のコーヒーメーカーはサイレンのようなミルの音が

耐え難かった。ミルがないと沸騰音と,水吸い上げのボコボコ音のみでまだ我慢

できる。

悪かったこと

・写真写りがいいので小さく見えるが意外と大きかった。ガラスサーバーと

フィルターを重ねた高さを考えるとこの大きさも仕方がないかとも思う。

・安価な小さな家電ではよくあるが電源コードが邪魔になる。移動しようとする

とコードが垂れ下がってどこかに引っかかる。束ねて括っても垂れ下がるのは

同じ。

 

コードには解決策があった。よくある100均商品の便利な使い方で紹介されて

いた方法で,接着式のクランプを張り付けてコード掛けにする方法。

f:id:ftotel:20190330183715j:plain

 

ただ,引っ掛けクランプは小さすぎる。カーテンふさ掛けが丁度よかった。

 

高級コーヒーサーバーなら,コーヒー蒸らしとか,湯温を変えられるとか機能が

豊富だが,ちょっと一杯ならこれで十分すぎる。

 

余裕がある時はドリッパーと手回し臼式ミルで淹れている。使い分けで高級機以

上の使い心地が得られている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしかったWindowsモバイル

日本橋を歩いていて,すでに懐かしいと思うモバイルに出会った。

中古パソコン・スマホ店のイオシスでWindows10モバイルを見つけた。

 税込み¥4980,大いに迷う。

迷った事は,なにせWindows10モバイル。Microsoftが終了発表している。

箱書き性能欄のRAM1GB,まともに動くのか。

物欲の葛藤の狭間で何か理由がいる。

 

 ・その昔,欲しかったが高くて手が出なかった。

WiFiでアンケートメール専用に使っているF01F,流石にAndroid4.04

見れないサイトが増えてきた。更に最近システムエラーが出る。なので

後継機として使える。

・¥4980はオモチャだ。割り切ればいいのだ。

 

とか理由を付けたが,要するに欲しかったから買ってしまった。

 いままでAndroidiOSモバイルシステムしか使ってこなかったので

ライブタイル画面が新鮮だ。

 

意外と実用的だったのが

・モバイルOfficeがプリインストールされている。WordやPowerPoint

はともかく,Web無料Excelで使えなかった機能が使えたのがいい。

OneDriveでWindows10と共用できる。

・インストールされているアプリが少ないせいもあるが,意外とサク

サク動作する。

・当然,Windows10とのデータ共用が働く。予定表(Google予定と

同期させている)は明日の予定がライブタイルに表示されるのが目

立っていい。

・外観は普通の中級機,液晶も見やい。いつまで入手できるか分から

ないが業務用途らしく,充電池が交換できる。

(付属品がACアダプタ,USBケーブル,なぜか液晶保護フィルム)

 

やはりというのが

・メモリが1GB。大きいデータは残り〇〇バイトと表示され止まる。

クリックで暫く待たされる。Amazonで少し値段は張るが2GBの機種

があったのだ。

・アプリは全くない事はないが,メジャーなものはない。まあメール

専用機ならいいか,セキュリティはGmailのアンチウィルス頼りだ。

ブラウザーは当然Edge,メールはOutlookのみ。

・プリインストールのニュース,地図が使えるのに天気が使えないの

が不思議,まあ使わないけれど。

ブルートゥースは4.0,Wifiはb/g/n2.4GHzのみで5GHzがない。

 

結論はライブタイル画面が綺麗で,当初の「オモチャ」サブ機として

は十分で,メモリー以外は満足できた。

 

 

 

我慢の限界

 トイレの握り玉ノブを回してもドアが開かない。

なぜかとよくよく観察すると,ノブが左にわずかに傾いている。

何かをぶつけた結果のようだ。右に押して回すと開く。

これを続けてきたが,急いでいる時などノブが手の中で空回り

する。限界だ。交換してやると思って近くのホームセンターに

行くと,バリアフリーでレバーに交換しませんかと店頭ポップ。

なるほどと思いレバー円筒錠を購入。しかし,全くの素人なの

でバックスペース寸法など知らなかった。取り付けようと説明

書を読んで気が付いた。わが家のドア取っ手中心からドアの端

まで70㎜。交換しようとしたが,ホームセンターにはバックス

ペース寸法は55~60mmしか見当たらない。

即日交換は諦めてネット購入。標準はバックスペース60mmな

のか?このタイプの商品紹介が多い。

iNAHO レバーハンドル円筒錠-69 B/S60 キー3本付
 

ドアのラッチはねじ止めではなく,円筒状の埋め込みだった。

交換は面倒なのでラッチを変えずにと思うと,円筒錠でレバー

タイプはこのタイプしか見つけられず,B/S70mmのタイプは

楽天で見つけられた。本体は同じでラッチの寸法が違うだけ。

円筒錠本体も互換性が進んでいるようだ。多くのメーカー互換

になっている。

f:id:ftotel:20190121191739j:plain

届いたもの一式。

頑丈で重い。ドアにこんな物が付いていると思うと,丁番は

すごく丈夫なんだと思う。

既存のラッチを使うのでなかなか取り替えられなかった。

ラッチとのかみ合い部分はぴったり。ただ,ガイドになる金属

板の開きが大きかった。気づくまで格闘一時間。

すごくいい,軽い。大いに気に入ったが,欠点はレバーが大き

い。今までが握り玉だったからだろう,そのうち慣れる?