TOF備忘録

日頃のこんな私事があったを伝えたい。

久し振りの停電 人感センサーライトが役に立つ

この間、本当に久しぶりに停電があった。落雷による停電のようだ。そこで思わぬ活躍をしたのが人感センサーライト。この機種は電気が切れるとライトが点灯する機能があった。今まで活用する機会がなかったので初めて役に立つことを実感した。

真っ暗になってライトが点灯して、その機能があったことを思い出した。まず使ったのがブレーカーがどうなっているか。本当に停電か確かめた。其の後はキッチンで調理準備中の食材片付け。いい働きだった。

思うにこの機能、コンセントにアダプターを直接差し込む方式なので充電を忘れない。非常灯としても役に立って、人感センサーとしても使えて、多機能的に優れていると思った次第。

サンワダイレクト 人感センサーライト 室内 コンセント 停電時自動点灯ライト 昼白色 常夜灯 懐中電灯 非常灯 にも 800-LED018

ダイソンV10フィルター掃除

ダイソンV10を使っていると、フィルターのゴミが溜まりやすい。月1回のフィルター掃除でいいとも思えない。現状3回使用に1回フィルター掃除。更に説明書通り水洗いすると毛玉状にゴミが固まり取りにくい。

どうするかと悩んで、使い古しの掃除用歯ブラシで軽く擦ってみた。これが正解だった。水を流しながら一回り軽く擦るだけで綺麗にゴミが落ちる。

後はブラシで擦ることで、どれくらいフィルターの繊維が抜け落ちるかだ。今のところ従来通り、3回に1回のフィルター掃除が必要なくらいゴミは溜まる。6回ほど洗っているがフィルターは機能している。

多少フィルターの寿命が縮まってもこの気持ち良さには代えられそうにない。

 

 

壁のスイッチが逆だった

玄関から短い廊下でダイニングに入るよくあるマンションの配置。玄関には壁掛けランプ。このランプをダイニング入り口の壁スイッチで入り切りする。どうにも面倒で人勧センサーライトに変えてみた。

 

人感センサーが上部なので少しでも人感がよくなるかと、ホルダーとランプをテープで止めて壁コンセントに取り付けた。

  

ここまではよかったが、どうにも人感ランプが動作しない。そもそもランプが点灯しない。よくよく壁スイッチを見ると下のランプ点灯用スイッチが新しい。

思い出した。

スイッチとカバーが壊れていたのを近くの電気屋で直してもらった。ランプなのでスイッチをパチパチと入り切りして用が足りていた。気付かなかった。

 

あの電気屋、商店街表通りから横道に移転していつの間にか無くなっている。どーも商売も技術も二流だったようだ。

人感センサーランプはもう少し明るいのがよかったかもしれないが、停電時に自動点灯、手持ちランプになるなど機能が多いのでこのままで使ってみようと思う。

 

Qrio Lock 一時使えなくなった顛末

そもそもの始まりは2台のスマホにマスターキー登録していたことだった。

2台目をファミリーキー登録しようとして失敗。そのままマスターキー登録にしてしまった。仕様上はどうなっているのか2台目もマスターキー設定で使えた。

ある日,一台をファミリーキー登録に変更すれば,ハンズフリー動作など安定するのかと思いたった。これが騒動の始まり。

再度ファミリーキー作成のため,1台目スマホからファミリーキー作成→2台目スマホQrioユーザー情報→アカウント削除→合鍵受取設定→新規アカウント作成→合鍵受取失敗

アプリ新規インストールではなかったせいか,合鍵を利用するにいたらず新規アカウントのみが残った。

この時,2台目スマホに設定したマスターキーアカウント情報が変わってしまっていたようだ。

1台目スマホに、戻りリセットのつもりで「ロックを初期化」。鍵情報はすべて消え、再度ロック情報を再登録しようとログインすると「既に登録済みのロックです」となり何もできなくなった。新規ユーザー登録などを繰り返し、アプリの再インストールなどを試みるが同じ。藁にも縋る思いで、ネットやユーザー情報で散々叩かれているQrioユーザーサポートに問い合わせメールを送った。

一日で返事が来た。マスターユーザー情報が違っている。マスターキーを調べるので情報を返答せよとの事でメール送信。しかし登録情報にないと返事が来た。(マスターユーザー情報は〇〇〇+〇〇〇@gmail.comで、散々新規登録したが 〇〇〇@gmail.com 部分で探せるのではと期待したのだが)

3日ほど放置後,何気に2台目のスマホでログイン,するとエラー画面が出ない。使えた。ここでマスターキーが変わっていた事に気付いた。その後は順調に鍵登録を復元。唯一QrioHubの設定のみ躓いた。これは別途・・・

Qrioに限ったことではないと思うが気付いたこと

・ネットに繋がっていない(ログインできていない)と鍵機能が働かない。オートロックも動作しない。

・体系だった取扱説明書がない(Q&A文章が主で感覚的に分かりずらい)

よかったことは

・考え出すと無性に心配になる「鍵かけ忘れ」からの解放(これが大きい)

 

ネット鍵はまだ発展途上・・・

 

 

 

タブレットの使用限界

2019年3月購入だから3年ほど使用してきたことになる。HUAWEIの MediaPad T5 

購入時にバーゲン価格でハイコストパフォーマンス,使用感もブラウジングが主で操作反応がよく使い心地がよかった。ただRAM2GB,ROM(PC使いとしてはこの表示は違和感がいまだにある)が16GBで,アプリは多く追加できない容量。更にandroidのバージョンが8,更新はなかった。

最初に困ったことはディスプレイがない旧PCや,ホームサーバーを見ていたマイクロソフトリモートデスクトップアプリが突然使用できなくなった。どうもandroidの古いバージョンに対応しなくなったようだ。次にバッテリーが不安定になった。電源が残り少なくなると突然落ちる。

決定的な事は,Googleのセキュリティバージョンアップ対応がメモリー不足で難しくなった。最初から入っていたWORDやEXCEL,ゲームアプリなどを削除しながら使っていたが,削除できるアプリがなくなり更新できなくなった。このご時世。セキュリティ更新はしておきたい。

次に購入するならばRAM容量はともかくROM容量。64GBもあれば多少のアプリはインストールできる。androidのバージョンはその時の最新バージョン。低価格タブレットは バージョンアップはないと思ったほうがいいようだ。

タブレットは持ち出しは重くて面倒。読書にも使える10インチサイズはいるだろう。と考えるとすでに購入モードか・・・

 

スマートロック(Qrio Lock)で締め出された

スマートロック(Qrio Lock)を設置して2年。カギ閉め忘れの心配がない分,締め出しの恐怖は十分承知していたはずだった。それなのにドア半開きで話し込んでいて,うっかりドアから出てしまった。

初期型Q-SL1の手ぶら開錠動作が不満でQ-LS2 に変更していた。1分から3分あった閉錠までの時間,Q-SL2は即時ロックで「はっ!」とした時にはロックされていた。感心している場合ではなかったが優秀だった。

唖然呆然,開錠方法がない。立ち尽くし,鍵開けメーカーを探すにもスマホがない。そもそもスマホが有ればアプリから開けられる。ボー然とかなりの時間立ち尽くした。最終手段,お隣が居ればだがパーテーション越えしかないかと決断。

さいわい在宅,快くベランダまで入れて頂く。ベランダ柵越えは難しいが,パーテーション越えは高跳びのベリーロール形態で容易だった。これでは泥棒は簡単なはずだ。以後は気を付けねばと思い知る。

事後対策が早急に必要と思い知った。鍵を別所に隠すのは容易で確実な隠し場所はない。鍵屋の出張派遣は高価。QrioLockの新製品テンキーでの鍵なし開錠がベストと考えた。突然の出費は堪えるが,まあ鍵屋出張3回ほどでほぼ元が取れる。

早速,設置。最近のネット機器の真似なのか製品に説明書がない。ネット上のマニュアル参照だった。面倒なのでとりあえず見ないでり取り付けた。簡単だがテンキー設定や操作はやはりマニュアルが必要だった。設定,開錠動作は最初に起動ボタンが必要なのだ。

テンキーは省電力化のせいか暗くて日が当たるとボタンが見えない。思いのほかテンキーを押すより付属の電子キーカードが便利。でも何もないときはテンキーだ。安心したが高くついた。

最初はキャンペーン価格で QrioLock Q-SL1を購入。閉め忘れ確認のため次にQrio-Hubを買ってネットに接続。次のキャンペーンでQ-SL2とQrio-Keyを購入。最後と思うが今回のQrio Padと弱みに付け込まれて買い増しさせられているよう。

今からならQrioLockとQrioPadのセットでよかったかな・・・