FTo備忘録

日頃のこんな私事があったを伝えたい。

手挽きコーヒーミル 掃除の巻

 

 セラミック刃で粒度が調整できる,手挽きコーヒーミルの

なかでは最もお手頃価格と思える。

購入してひと月ほど経ったので,今更ながら分解掃除して

みた。(コーヒー通の人は毎回清掃するのかな)

主要な部分の分解は簡単にできる。セラミック刃,容器を

水洗いした。

f:id:ftotel:20190103192222j:plain

真ん中左下の黒いリングは後から自分で追加した「Oリング」

手裏剣のような(写真真ん中下)粒度調整ナットが,使用の度

に緩んでくるので嵌めた物。ナットの位置が変わると挽いた豆

の粒度が変わる。毎回確認するのが面倒で,軸ネジが5㎜ネジ

のようなので,ホームセンターで水道工事用具売り場にあった

内径3.6㎜のOリングを嵌めてみた。

回転軸の滑り軸受部はナイロン製か,適度のガタつきで,抜け

止めリングを嵌めることで軸を止めている。

これを電動ドライバーでで回すツワモノがいるよう。

モーターで回すのは無理筋と思える。

手回しで引いた粉が富士山のように,真ん中が窪んで溜まって

行くのを見ながら,ゆっくり挽いていくのが楽しいと思うのだ

が,しんどいのかな。