FTo備忘録

日頃のこんな私事があったを伝えたい。

夏の終わりに

その1

ベランダの植木鉢に生えたキノコ,やはり天日の下では無理だったようで,ほぼ一週間で消滅した。菌糸が残っていれば気温が下がればまた生えてくるかな。

その2

夕方リビングに入ると何か気配がする。ふと上を見上げると,巨大な蜘蛛が・・・と思ったが,

驚いた,体長4~5cm位の大かまきりだった。足を広げて天井に止まっているので余計に多きく見えが,全体で10cm以上はある。電燈を点けると,そろそろと暗いキッチンの天井に移って行く。

それとなく見ると,大きな鎌を前で合わせてお願いしているよう。「はいはい」標本にする趣味はないぞ・・・。次の日,ベランダは午前中日が当たって暑いので,午後に捕獲作戦実行。捕虫網はないのでごみ袋で2度目に捕獲成功。ベランダの植木に放すとしばらく止まったまま。しばらくして見てみると居なくなっていた。飛んで行くところは見たかった。

その3

国立国際美術館に「バベルの塔」展を見に行く。思っていたより小さな絵で,よくもあんなに細かく根気よく描けるなと思う。どんな筆を使ったのか。

ところで気になっていた,NHKで放送された大友克洋氏の「バベルの塔」の断面複製図(これは絵画だ)がちゃんとあった。地下2階の入場入口の外に展示されている。入場しなくても見れるじゃん。これだけでも満足できそうなのに・・・