FTo備忘録

日頃のこんな私事があったを伝えたい。

タイマーを分解

壊れたTNITA5354を分解してみた。

分解には四隅の小さなプラスねじを外す必要があった。手持ちにそんな小さなドライバーは無い。

何時ものごとく百均で探す。6本組精密ドライバーセット,100円。工具らしく黒染めの芯にニッケル?メッキの柄。焼き入れした工具なら仕方がないが,そんな仕上げはしてないだろうに,工具らしい安価な黒染めは一度使うと剥げた。

で分解,工具と開けたカバー,基盤。

f:id:ftotel:20170713173722j:plain

基盤の表側

f:id:ftotel:20170713173754j:plain

凄い丁寧な造り,固定は全てねじ止めで手間がかかりそう。端子部分は全て金メッキ。さすが2310円。今時は,ほとんど「はめ込み」でネジなんぞ使ってない。パーツのICと水晶振動子が目立つ。液晶との接続は組み立てやすくしたのか導電ゴムに基盤端子を押し付けるだけ。この導電ゴム部分がへたったのか,上手く電気を通していないよう。押し付けると液晶は表示する。適当にボタンを押して起動すると一定時間後にブザーも鳴って回路は正常。導電ゴムでは接点復活剤も効果なく,極小端子間をケーブルではんだ付けも難しい。もったいないが廃却か。