FTo備忘録

日頃のこんな私事があったを伝えたい。

Windows Vista Business の塩漬け

Windows Vistaのサポートが終了した。慌てて最後の更新プログラムを適用した。

久し振りに起動したVistaはまたWindows Updateが出来なくなっていた。Vistaではまだ動くMicrosoft Fix itを試した。更新履歴が削除されるなどしていたが,更新プログラムは動かない。仕方がないので最後の望み「東芝PCあんしんサポート」サイトのお世話になる。

よくある質問でWindowsVistaのUpdateを検索。

検索結果の,更新プログラムを確認していますが切り替わらないという項目を実施。以前,同様の件で確認した際,最後まで適用できていなかった。2項目のセキュリティ更新プログラムをインストール

無事最後のVista 更新Upfateを適用。

その後,システムを立ち上げるとMicrosoft security essentialは赤×で,システム終了の注意お知らせが出る。

Windows Update を試みるとオプションでessential更新プログラムが見つかる。適用しても更新エラーでVista用ではないよう。

終わったなと言うことでVista塩漬け完了。

 

 

 

 

 

 

 

断捨離

断捨離を心掛けてはいるが

まな板をいつも壁に立てかけて乾かしていたが,時々倒れるのが気になっていた。

この間,100均で鍋蓋兼まな板立てを見かかけて,つい購入。倒れなくなった。

f:id:ftotel:20170504183616j:plain

先月の花見時期,何かの拍子にネットでチラ見した,家で花見。

 ついアマゾンでポチッた。

自宅で桜満開。

f:id:ftotel:20170504183632j:plain

断捨離はどうなったんだ!まったく。と自分に・・・

 

 

電動歯ブラシ ブラウンオーラルBを使用して1年

 

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式

 

 この電動歯ブラシは多くの評価が集まっていて今更なので,1年使ってよかったこと。

1. 安価

価格は変動しているようだが,アマゾンで1年前の購入価格は¥973円。他の歯ブラシにない価格で試してみるのに丁度良かった。

2. 単3.乾電池2本で駆動

多くの電動歯ブラシは充電式。でも充電池は2年程度で電池寿命が尽きる。その際,修理で電池交換している人はどのくらいいるのだろうか?

充電式電池を使って問題なく使用できている。エコロジーにも貢献できる。

3. 互換ブラシ

メーカー純正交換歯ブラシはあまりに高価。プリンターの販売戦略,本体を安価にしてインクで儲けるのを思い出す。性能の差があるかもしれないが,互換ブラシが多くあって購入しやすい。

長時間使用するものでもないので,今のところモーターも大丈夫。手動?歯ブラシと併用して快適に使っている。

 

 

 

Win10CreatorsUpdateでの不具合

先に書いたWin10-HomeでのネットワークPCが見れないのは設定の問題ではなく,時間がかかっているだけなのか認証が上手くできないのかしばらくすると動き出す。

それよりも深刻なのはDVD/CDドライブで,CDは読み書きできるのに,DVDでは不可になる。別のPCのBD/DVD/CDドライブは正常。今までは正常だった。機械的な問題ではなさそう,しばらく様子見か。

それ以外にはNASに置いた一部ソフトが,アプリケーションを正しく起動できませんでしたとエラーになる。再起動で正常起動するが,一旦休止後に再発する。なにか上手くリンクできていないような気がするが,いちいち再起動が面倒。

細々と出てくる。

 

 

 

Win10CreatorsUpdateでネットワークPCが見えない

Win10CreatorsUpdateで設定が部分的に戻るのだろうか,先のVMwareに続きノートとタブレットWin10-HomeでネットワークPCが表示されなくなった。

なぜかデスクトップWin10-Proは表示できている。

セキュリティソフト無効化,PC再起動,ルータ再起動,ハブ電源落としでも変わらない。

ネットワーク関係の設定も確認したが変わっていない。

仕方がないのでWeb検索。どうも今更ながらNetBIOS over TCP/IPが関係しているよう。

ネットワークアダプタ-イーサネットのプロパティ-TCP/IPv4のプロパティ-TCP/IPプロパティと辿ってNetBIOSプロパティの規定値からNetBIOS over TCP/IPを有効に変更でやっとネットワークPCを表示できた。

一旦表示できたところでまた規定値に戻しても問題なく表示できる。どうもDHCPからの値を貰っていなかったよう。何なんだ?上手く動いている間,設定は変えたくないもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

Win10 UpdateでVMware接続不可

混雑する前にWin10CreatorsUpdateを手動インストールした。時間は掛かったが何も起きず無事アップデート完了。

特に大きな変化はなく普通に使用していたが,久しぶりにVMwereを起動するとネットワークが使えなくなっている。

仮想マシンのブリッジ接続のアダプタが空欄になっている。ホストPCのネットワークアダプタを認識していない。

VMwareの修復をしてみようと思い,Win10のメニューを探すが「あれ?」

コントロールパネルが見当たらない。

設定の中にアプリという項目が新しく出来ていた。

VMwarePlayerのアンインストールでインストールウィザードが立ち上がる。修復を選ぶと,アプリをインストールしたインストーラーから立ち上げろと怒られる。

VMwarePlayer7.1.4インストーラーを立ち上げて無事修復完了。

ほかのソフトにも何があるのか・・・